Shinnikkei News 2009 年 1 月 9 日
防火設備個別認定の不適切な取得および
防火認定仕様と異なる仕様の製品を販売いたしました件について

 新日軽株式会社 [ 本社 : 東京都江東区 社長 : 中嶋豪、以下、新日軽という ] は、ビル、マンション等の開口部製品として製造・販売しております樹脂製サッシの防火設備仕様の製品につきまして、国土交通大臣認定の不適切な取得ならびに認定仕様と異なる製品を販売していたことが、今般判明しました。
 お取引先様およびお施主様をはじめ関係の皆様方に対し、多大なるご迷惑とご心配をおかけすることとなり深くお詫び申し上げます。
 本件問題の概要および今後の対応等について下記のとおりご報告いたします。

1. 本件問題の概要

  認定製品の内容

   商品名 : プララ ( 防火設備 )
   ( 1 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製引違い窓
      ・認定番号 : EB−0234 ( 平成 17 年 4 月 7 日 )
   ( 2 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製片開き窓
      ・認定番号 : EB−0242 ( 平成 17 年 5 月 18 日 )
   ( 3 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製はめ殺し窓
      ・認定番号 : EB−0247 ( 平成 17 年 5 月 18 日 )
   ( 4 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製内倒し窓
      ・認定番号 : EB−0256 ( 平成 17 年 6 月 20 日 )
   ( 5 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製外倒し窓
      ・認定番号 : EB−0261 ( 平成 17 年 6 月 20 日 )
   ( 6 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製外開き窓
      ・認定番号 : EB−0266 ( 平成 17 年 6 月 20 日 )
   ( 7 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製内倒し・内開き窓
      ・認定番号 : EB−0271 ( 平成 17 年 6 月 20 日 )
   ( 8 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製引違い窓
      ・認定番号 : EB−0287 ( 平成 17 年 11 月 28 日 )
   ( 9 ) 複層ガラス入硬質塩化ビニル系樹脂製片引き窓 ( はめ殺し窓付 )
      ・認定番号 : EB−0375 ( 平成 20 年 7 月 25 日 )


    問題商品の見分け方

 

  不適切な認定取得…別紙資料

  (1) 不適切な内容
    本製品の主構成材料および副構成材料の一部について、認定申請書に記載の試験体とは異なる材料を使用して認定を得ましたが、それに伴う申請書の変更を怠っておりました。
    詳細については別紙資料,鬚柑仮箸ださい。
  (2) 対象物件・窓数
    平成 17 年 10 月から平成 21 年 1 月までに、約 3,750 窓の問題製品が販売され、約 90 件の施工物件に使用されていることを確認しております。
  (3) 対象物件への対処
    物件ごとにお客様と相談のうえ、最適な方法にて対応いたします。

  認定製品と異なる仕様の製品の製造販売…別紙資料

  (1) 不適切な内容
   本製品の認定仕様のうち、主構成材料および副構成材料の一部について、認定仕様と異なる材料を使用して製造販売を行っておりました。詳細については別紙資料,鬚柑仮箸ださい。
  (2) 対象物件・窓数
    ( 2 ) の物件・窓数に含まれております。
  (3) 対象物件への対処
   物件ごとにお客様と相談のうえ、最適な方法にて対応いたします。

2. 防火材料認定の不適切な取得ならびに認定仕様と異なる製品を販売した経緯

 本製品は、三協アルミニウム工業(株) ・立山アルミニウム工業(株)(現三協立山アルミ(株))、(株)シャノン(現(株)エクセルシャノン)および当社の 4 社間での平成 16 年 5 月の「共同開発契約書」に基づき、開発したものです。
 本製品の防火認定の申請手続は、同年 11 月から開始されました。しかし、防火設備性能試験においては、試験に合格する過程において一部改良改善を行った結果、申請書記載の試験体と実際の試験体が異なることとなりました。
 また、一部の本製品については、認定仕様と異なる仕様で生産しているものもありました。
 これらの行為は、4 社の開発担当者の合意にて行ったものであります。
 本製品の製造販売にあたって、平成 16 年 11 月に 4 社共同出資にて(株)PSJ を設立いたしました。同社は、平成 20 年 5 月に新たにトステム(株)、不二サッシ(株) が出資者として加わり、現在(株)PSJ への出資比率は、三協立山アルミ(株) 46.68 %、当社 23.32 %、(株) エクセルシャノン 10 %、トステム(株) 10 % および不二サッシ(株) 10 % となっております。
 本製品の商流については、(株)PSJ から、スイング系品種を(株)エクセルシャノン栗山工場、スライド系品種を当社苫小牧工場に対して委託生産を行い、本製品を購入した(株)PSJ は各出資会社に対し販売し、各社が各々のブランドで一般販売しております。

3. 今後の対策および再発防止策

  今後の対策

    上記問題製品を納入した計約 90 件の施工物件 ( 約 3,750 窓 ) の全てについて、早急に改修工事等の対策を行なわせていただく所存です。
   速やかにお取引先様およびお施主様へご説明にあがらせていただき、ご意向を伺いながら最適な対策を講じさせていただきます。

  再発防止策


    今回の問題は、新製品開発プロセスにおける品質監査体制の不備、コンプライアンス遵守意識の希薄さ、CSR ( 企業の社会的責任 ) の重要性が新日軽の役員・社員に浸透していなかったことが原因であったと考えております。
   こうした観点から、早急に再発防止策を策定いたします。決定次第、公表させていただきます。

4. 製品に関するお問い合わせ窓口

 製品に関するお問い合わせ窓口は次のとおりです。
    新日軽株式会社 防火設備関係相談窓口
    電話番号 : 0120−66−7181 ( フリーダイヤル )
    受付時間 : 午前 9 : 00 〜午後 5 : 00
      ※ 2 月 28 日までは月曜日から土曜日まで受付 ( 祝日を除く )
        3 月 1 日以降は月曜日から金曜日まで受付 ( 祝日を除く )

別紙資料 (PDF形式 113KB)
参考資料 (PDF形式 132KB)

 

記載されている内容は、2009 年 1 月 9 日現在のものです。
最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。