HOME > 商品情報 > ビル建材

商品情報

TOPへ戻る

外まわり

特長 型一覧 設置例 パネル格納 取付方法 技術資料 注意・保証

   


 ◆ 保管・メンテナンス及び管理取扱い注意事項  

1) 防水板(止水板)の機能上における主要部品は枠・パネル・締金具・水密ゴムの4部品に大別されます。
従って、これ等の各部に支障のないよう平常の管理が大切です。
2) パネルはアルミ製につき無湿気、通気性の良い場所を選び、床面・壁面に直接置くことは避け、枕木・
当木等を置いて保管してください。(SN型、SNG型、G型の場合)
(特に水密ゴムには物が触れないようご注意ください。)
3) 水密ゴムの耐久年数は約15年〜20年ですので、10年過ぎましたら使用前には必ず点検してくださ
い。
4) 床及び壁に埋め込んであるインサートの蓋(キャップ)は、非常時に取り外しやすいよう、年1〜2回蓋
を外しネジ部に油を注入してください。(SN型、SNG型、G型の場合)
5) 床溝付き枠の場合、年2回以上、床蓋を外し溝の中を清掃してください。
                                         (SL型、SLW型、G型の場合)
(長年放置しておきますと、外しにくくなる場合がありますので、ご注意ください。)
6) 組立てに必要な工具類及び部品は、「付属品」の工具箱に入っています。
非常時に必ず必要になりますので、パネル本体の近くに保管してください。
 
 ※以上の注意事項を確認する上からも、組立て訓練上からも年1〜2回程度の組立て演習を行うことを
   おすすめします。


◆ 製品保証について  

当社施工の防水板(止水板)に関し、ここに記載の保証期間、保証内容の範囲において無償で修理を行う事とします。
 
1) 保証期間:
  施工完了後、引き渡し日から起算して2年間とする。
 
2) 保証内容:
  取扱い説明書、管理取扱い書、その他注意書に基づく適正な使用状況で保証期間内に明らかに製品
の不備で漏水過剰と認められたとき(免責事項を除く)無償で修理いたします。
 
3) 免責事項:
  保証期間内でも、主たる原因が次のような場合には、有償修理となります。
◎当社受注施工以外の第三者の(製品、施工、メンテナンス、改修上等)不備に起因する不具合。
◎人為的破損(車の衝突、他の衝撃、不法行為に起因する破損)による不具合。
◎自然現象破損(地震、地盤沈下、落雷、火災、津波、洪水流木等)による不具合。
◎組立て操作誤り、調整不備、又適切な維持管理、定期点検を不実行による不具合。
 
  【重要】当社では防水板(止水板)を安全に正しくご使用頂くために「取扱い説明書」を用意しております。
      ご利用の前に必ず熟読していただき、正しくご利用ください。